メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「人形(日本人形・フランス人形)」検索結果。

人形(日本人形・フランス人形)の商品検索結果全16,250件中1~60件目

【代引不可】コレクションケース 高さ120cm 背面ミラー(白/ブラウン) フィギュアケース 飾り棚 ディスプレイラック ショーケース ガラスキャビネット

スタイルマーケット 楽天市場店

25,010

【代引不可】コレクションケース 高さ120cm 背面ミラー(白/ブラウン) フィギュアケース 飾り棚 ディスプレイラック ショーケース ガラスキャビネット

アイコンの説明はこちら商品説明お気に入りのものを美しく飾る、背面鏡のコレクションケース。背面が鏡になっているので、奥行きが広く見えますし、飾ったものの背面も観察する事ができます。扉付きで大事なコレクションを埃から守ります。棚板は6枚付で3.3cmピッチ11ヶ所移動可能。ガラスの棚板なので透明感があり高級感抜群です。製品仕様サイズ:W60×D29(底板部分35)×H120cm重量:約40kg材質:合成樹脂化粧繊維板・ガラス 商品詳細: 扉内内寸(上下段ともに)約W56×D23.5×H57cm (可動棚6枚付3.3cmピッチ11ヶ所移動) ガラス棚厚み約5mm原産国:中国組立てについて:お客様組立てスタッフコメント大切な人形、フィギュアなどのコレクションや宝石、食器、趣味のアイテムなど美しくディスプレイします。その他※お届けに関してご注文を頂く度にメーカーより直送をします。その為ご注文から4〜5日ほどで出荷可能です。また、メーカーにおいて在庫切れの場合は発送までに4〜5日以上のお時間頂く場合がございます。誠に恐れ入りますが、お急ぎの場合はご注文前の在庫確認をお願い申し上げます。

あす楽
キティちゃん 大人 プレゼント 招き猫 柿沼人形 日本製

手しごと本舗

11,000

キティちゃん 大人 プレゼント 招き猫 柿沼人形 日本製

■伝統工芸士が作るキティちゃん 伝統工芸士・柿沼東光さんが作る、木目込み人形の「ハローキティ招き猫」です。 「木目込み」というのは、人形の胴体に筋目をつけて溝を彫り、その溝に布地の端を納めて糊で固定する、日本古来の人形の製法のこと。 雛人形や干支飾りなどが有名です。 ■お着物の柄について お着物の柄は一つ一つ異なります。予めご了承いただきますようお願いいたします。 ■ギフト包装は無料です。 当店ではギフト包装を無料で承ります。ご希望の方はご注文の際に備考欄でご指定ください。詳しくはこちらをご覧ください。 ■江戸木目込人形のあらまし 今から約260年前、京都の上賀茂神社の神宮の高橋忠重が木彫りの人形を作り、神宮や祭事用の衣裳の残り裂を木目込んだのが、始まりといわれています。その後、世の中心が江戸に移るのと同様に江戸に伝わり、江戸風に発達していきました。人形の姿態を決める胴体は、完成時の形で成型されます。その胴体に衣裳地を木目込んで衣裳を着ているように仕上げ、別に作った頭と手足をつけて完成されます。乾燥されたボディの素地に衣裳を木目込むための溝を彫り、そこに糊を入れながら、本物の着物をきせるように下着から上着、袴、帯などの順に一目一目木目込んでいく繊細な作業には、日本古来の匠の技が生かされています。※木目込むとは、人形の胴体に筋目をつけて溝を彫り、その溝に布地の端を納めて糊で固定する、日本古来の人形の製法のことです。 ■伝統工芸士・柿沼東光さん この方が、江戸木目込人形の職人で伝統工芸士の柿沼東光さんです。昭和23年東京都荒川区生まれ。(伝統的工芸品産業振興協会認定)伝統工芸士。(東京都知事認定)東京都伝統工芸士。中学の頃から人形作りに親しみ、昭和49年より父である初代柿沼東光に師事し、江戸木目込(きめこみ)人形製作に専念...

古布細工/十二支の花嫁道中 細川芳子 趣味雑貨/文具 【ライトアップショッピングクラブ】

ライトアップショッピングクラブ

35,200

古布細工/十二支の花嫁道中 細川芳子 趣味雑貨/文具 【ライトアップショッピングクラブ】

随所に味わいが活きる古布の人形古来日本では嫁入りの儀礼のひとつとしておこなわれる「花嫁道中」。最近では見かける機会が減ってきてはいますが、晴れ着姿の花嫁が多くの人に見守られ花婿や家族と行列をなして練り歩く姿には心打たれるものがあります。こちらは、そんな花嫁道中を十二支の動物で可愛らしく再現した古布細工。手がけたのはミセスクラフト金沢所属の作家、細川芳子氏です。「どの動物にどの役割を与えるか苦心しました。粘土で動物の顔をイメージしながら形をつくり、その動物に見合った古布を貼っています。髭は糸に接着剤を薄く伸ばして乾燥。小物にもこだわりました」と細川氏。“犬猿の仲"であるはずの戌と申が新郎新婦になって仲直り。参列する道案内役の巳、両親役の辰と卯、お手引き役の子もほのぼのとした雰囲気を感じさせてくれます。長持に入れた裁縫道具、茶道具などの嫁入り道具を運ぶ世話役の午、寅、丑、未、酉、亥も個性豊かな愛らしい仕上がり。眺めるたびに新たな発見がありそうなお飾りは通年飾ってお愉しみいただけます。

あす楽
招き猫 おしゃれ 置物 開店祝い 柿沼人形 日本製

手しごと本舗

11,000

招き猫 おしゃれ 置物 開店祝い 柿沼人形 日本製

■伝統工芸士が作る招き猫 こちらが、柿沼さんの江戸木目込み(きめこみ)人形「招き猫」です。 開運グッズとして人気の招き猫を、伝統工芸士の柿沼さんが、木目込み人形の技法を使い製作いたしました。 お顔などの白い部分は本革。青い瞳はスワロフスキーです。 紫と緑という奇抜な色遣いが印象的。 エナメル合皮ですので、ピカピカです。 鈴はパワーストーンとして人気のイエロージェイドです。 ■ギフト包装は無料です。 当店ではギフト包装を無料で承ります。ご希望の方はご注文の際に備考欄でご指定ください。詳しくはこちらをご覧ください。 ■江戸木目込人形のあらまし 今から約260年前、京都の上賀茂神社の神宮の高橋忠重が木彫りの人形を作り、神宮や祭事用の衣裳の残り裂を木目込んだのが、始まりといわれています。その後、世の中心が江戸に移るのと同様に江戸に伝わり、江戸風に発達していきました。人形の姿態を決める胴体は、完成時の形で成型されます。その胴体に衣裳地を木目込んで衣裳を着ているように仕上げ、別に作った頭と手足をつけて完成されます。乾燥されたボディの素地に衣裳を木目込むための溝を彫り、そこに糊を入れながら、本物の着物をきせるように下着から上着、袴、帯などの順に一目一目木目込んでいく繊細な作業には、日本古来の匠の技が生かされています。※木目込むとは、人形の胴体に筋目をつけて溝を彫り、その溝に布地の端を納めて糊で固定する、日本古来の人形の製法のことです。 ■伝統工芸士・柿沼東光さん この方が、江戸木目込人形の職人で伝統工芸士の柿沼東光さんです。昭和23年東京都荒川区生まれ。(伝統的工芸品産業振興協会認定)伝統工芸士。(東京都知事認定)東京都伝統工芸士。中学の頃から人形作りに親しみ、昭和49年より父である初代柿沼東光に師事し、江戸木目込(きめこみ)人形製作に専念...

あす楽
招き猫 置物 開店祝い 金/白/黒/赤 小 柿沼人形 日本製

手しごと本舗

5,500

招き猫 置物 開店祝い 金/白/黒/赤 小 柿沼人形 日本製

■伝統工芸士が作る招き猫 こちらが、柿沼さんの江戸木目込み(きめこみ)人形「招き猫」です。 開運グッズとして人気の招き猫を、伝統工芸士の柿沼さんが、木目込み人形の技法を使い製作いたしました。 ■金運アップ・招福・魔除け・病除け 奈良時代ごろから、シルクロードを伝って日本にも広まった猫。時は流れて、いつの頃からか置物の猫=招き猫は、商売繁盛・家内安全の縁起物としての要素が広がりました。特に右手を挙げた招き猫は、「幸運・金運を招く」として、今なお珍重されています。 金猫は、金運を開くとされています。 白猫は、福を招くとされています。 黒猫は、魔除け及び病を防ぐとされています。 赤猫は、難病奇病を防ぐとされています。 ■大きい猫と小さい猫。 招き猫は、大きい猫と小さい猫の2種類あります。 左が身長(高さ)13cmの大きい猫。右が10cmの小さい猫です。 招き猫(13cm)はこちら ■ギフト包装は無料です。 当店ではギフト包装を無料で承ります。ご希望の方はご注文の際に備考欄でご指定ください。詳しくはこちらをご覧ください。 ■江戸木目込人形のあらまし 今から約260年前、京都の上賀茂神社の神宮の高橋忠重が木彫りの人形を作り、神宮や祭事用の衣裳の残り裂を木目込んだのが、始まりといわれています。その後、世の中心が江戸に移るのと同様に江戸に伝わり、江戸風に発達していきました。人形の姿態を決める胴体は、完成時の形で成型されます。その胴体に衣裳地を木目込んで衣裳を着ているように仕上げ、別に作った頭と手足をつけて完成されます。乾燥されたボディの素地に衣裳を木目込むための溝を彫り、そこに糊を入れながら、本物の着物をきせるように下着から上着、袴、帯などの順に一目一目木目込んでいく繊細な作業には、日本古来の匠の技が生かされています。※木目込むとは...

御貝桶雛人形五人揃 趣味雑貨/文具 【ライトアップショッピングクラブ】

ライトアップショッピングクラブ

210,100

御貝桶雛人形五人揃 趣味雑貨/文具 【ライトアップショッピングクラブ】

小さなサイズの雛人形と三人官女が美しく優雅な世界へと誘う御貝桶。雛祭りの際には中から雛具を取り出して飾るコンパクトな雛飾りとして愉しめ、普段は美しい蒔絵の飾り物として使える便利な逸品。場所を取らず、仕舞っても美しい「御貝桶雛人形五人揃」をご紹介します。そもそも貝桶とは、平安貴族の間で流行った雅な遊戯「貝合わせ」に使う蛤を仕舞うための装飾桶のこと。貴族の持ち物らしく煌びやかな装飾を施したものが多かったといわれています。こちらの貝桶は、創業180年を超える老舗〈人形の久月〉が制作。貝は、一つの貝殻の雌雄以外は決してかみ合わないことから、昔から夫婦和合の象徴と考えられ、江戸時代には大名の姫君の婚礼調度品の筆頭として珍重されていたといいますから、女児の成長と幸福な結婚を願う雛祭りに、この貝桶はまさにピッタリのお道具といえましょう。蒔絵の華やかさを一層引き立てる艶やかな黒色の貝桶は、飾るだけで存在感を放ち、趣ある雰囲気を愉しめます。雅やかな風情漂う貝桶に雛具が収まる雛飾り。雛人形は、木目込人形の第一人者、二世 金林真多呂氏が作り上げた原型を使用。雛人形のお顔は優しくふくよかな温かみに溢れた、実に和やかな表情を湛えています。源氏物語の登場人物たちを彷彿とさせる穏やかな表情や、桐の花の蒔絵と色彩の調和を奏でる雅な正絹衣裳など、小さいからこそ、名匠の技が見事に凝縮されているのがお分かりいただけると思います。全体にコンパクトながらも三人官女が加わり、優雅なお人形たちから愉しげな雰囲気が伝わってきます。飾るスペースや収納場所がなかなか取りにくい現代の生活にマッチしたスタイルのため、「御貝桶雛人形五人揃」は贈り物としても大変喜ばれることでしょう。

手描きのれん「若冲画・伏見人形図」 小林徹彩 家庭用品 【ライトアップショッピングクラブ】

ライトアップショッピングクラブ

20,900

手描きのれん「若冲画・伏見人形図」 小林徹彩 家庭用品 【ライトアップショッピングクラブ】

布袋様がにこやかに見守る空間を演出7人並んだ布袋様の福福しい表情に思わず笑みがこぼれる〈万葉舎〉ののれん。もとになったのは、江戸期の絵師、伊藤若冲が描いた「伏見稲荷人形図」です。若冲は家業のかたわら、狩野派、光琳派や中国の宋・元・明代の画法を学び、40歳で絵画の制作に専念。花鳥画と水墨画で異色の画風をつくり上げました。かつて、初午の日に伏見稲荷に詣で、家内安全と無病息災を願った後、布袋の伏見人形を買い求める風習がありました。7体揃うと幸福になるといわれますが、途中不幸があった場合は厄払いにすべての人形を川に流し、一からやり直しとなります。神棚に7体並ぶと縁起がよい、つまりその間、家に服喪のできごとがなかったことになります。若冲はこの伏見人形をこよなく愛したといいます。そんな「伏見稲荷人形図」を生き生きと表現したのは、京都の手描き作家、小林徹彩氏。日本画、水墨画の大家に師事し、1993年には京都彩芸美術展で入賞。実力派として注目されています。仏間などの落ち着いた空間にも相応しい、柔和な表情の布袋様が優しく見守るのれんです。

卯三郎こけし 立雛セット

ディノス

20,460

卯三郎こけし 立雛セット

木の温もりと華やかな手彩色が魅力の卯三郎(うさぶろう)こけしの立雛セット。原木の選定から木地づくり、手彩色仕上げまで、数多くの工程すべてを手作業にこだわり、温かみのある表情で人気の「うさぶろうこけし」の立雛セット。衣装は金彩を使用した華やかな仕上げです。コンパクトサイズなので、お部屋の空いているスペースに飾っていただけます。季節の贈り物してもおすすめです。 卯三郎こけし 原木を乾燥させ製材からの一貫体制で、ろくろ挽きから磨き、絵付、塗装、組立まで10段階の工程を経て、製作しています。現在、デザインを担当するのは6人の作家。初代卯三郎の薫陶を受け、匠の技の伝承にこころ燃やしています。卯三郎こけしの創業者岡本卯三郎は、大正6年榛東村に生まれ、昭和25年よりこけし創りを手がけました。ろくろ技術の製法に加えて、特殊機械の技法を取り入れ、筆による絵付けに彫刻や焼き絵を融合させるなど、新たな作風を開拓。立体感を表現できる焼き絵は卯三郎考案の新技法です。 ■サイズ:約幅23×奥行17×高さ22cm(重量約1.25kg)■材質ミズキ、紙他■日本製※手作りのため1品1品サイズ、柄裄が多少異なることがございます。あらかじめご了承ください。

おもちゃ・ゲームのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク