メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「レーダー探知機」検索結果。

レーダー探知機の商品検索結果全6件中1~6件目

こちらの関連商品はいかがですか?

ハセガワ 1/72スケール 三菱 F-1

ホビープラザ ビッグマン

864

ハセガワ 1/72スケール 三菱 F-1

三菱F-1は、練習機型T-2から発達した航空自衛隊の支援戦闘機です。国産初の超音速ジェット戦闘機として、昭和47年に開発を始め昭和50年度より調達を開始しました。過去に支援戦闘機としてF-86Fが使用されていましたが、本格的な支援戦闘機運用を行うため航空自衛隊はF-5EタイガーIIの導入も考えられましたが、当時運用段階にあったT-2練習機の戦闘機改造案に決定しました。FS-T2改(後のF-1)の開発がスタートし、このためT-2の量産型106号機と107号機が飛行試験用にT-2特別仕様機として完成し、各種のシステム試験や飛行試験を行いました。これら各種試験の結果に基づき昭和51年11月14日付で防衛庁長官の部隊使用承認が下り、同時にFS-T2改から支援戦闘機F-1に正式名称が決定されました。F-1配備は52年度から開始され三沢基地の第3飛行隊、第8飛行隊、築城基地の第6飛行隊に順次F-86Fに替えて配備されました。F-1は支援戦闘機ですが運用上要撃戦闘機としても使用されます。このため武装は多種装着されます。要撃ミッション時は空対空ミサイルサイドワインダー、支援戦闘時は500lb爆弾、対艦ミサイル、70mmまたは127mmロケット弾等を装着します。こうした多種ミッションを行うためF-1はT-2から改造される際に、捜索追尾レーダーの強化、電波高度計と大気諸元計算機を追加装備、レーダー警戒装置、ストライクカメラ等を装着し、武装関係の取付けパイロン等追加改造を行っています。このような改造、追加装備の中、F-1の特徴的装備としてJ/AWG-12レーダーとJ/ASQ-1管制計算機があります。この装置は正確な爆撃を行うための重要な装置です。レーダー、ヘッドアップ・ディスプレイ(HUD)、慣性航法装置、電波高度計...

ハセガワ 1/72スケール F/A18Dホーネット

ホビープラザ ビッグマン

1,102

ハセガワ 1/72スケール F/A18Dホーネット

F/A-18ホーネットは、F-4ファントムやA-7コルセア艦上攻撃機の後継機として開発されたアメリカ海軍及び海兵隊の艦上戦闘機及び艦上攻撃機です。1974年アメリカ海軍は、次期艦上戦闘攻撃機の開発を目的とする計画を発表しました。この候補に上がったのがジェネラル・ダイナミクス社のYF-16とノースロップ社のYF-17軽戦闘機です。アメリカ海軍では、セミアクティブ・レーダー誘導AAMスパローを搭載し、これを運用するための火器管制システムの導入や空母を運用するための様々な整備を求めました。審査の結果、大型で双発のYF-17を原型として大幅な再設計を行うことで決定し、マクドネル・ダグラス社が主契約社として開発することになりました。1号機は1978年9月13日完成、同年11月初飛行に成功しました。F/A-18はこれまでの戦闘機とは異なり、1機種で戦闘機と攻撃機のどちらの任務もこなすことができます。これによりアメリカ海軍では戦闘飛行隊と攻撃飛行隊の任務を併せ持った戦闘飛行攻撃隊(VFA)を設立し、海兵隊ではファントムの後継機としてVMFAで運用しています。A型は最初の量産型で、B型は胴体を延長せずに後部座席を追加した複座練習機型です。C型はA型の、D型はB型のそれぞれ発達型で特に夜間攻撃能力が向上しました。F/A-18ホーネットはアメリカ海軍や海兵隊以外にもオーストラリア、カナダなどの諸外国でも多数採用されています。 未塗装・組み立てキット

ハセガワ 1/72スケール F-8E クルセイダー [C9]

ホビープラザ ビッグマン

918

ハセガワ 1/72スケール F-8E クルセイダー [C9]

F-8クルーセイダーは、アメリカ海軍で最初の本格的な実用超音速戦闘機です。1951年9月アメリカ海軍は超音速艦上戦闘機の提案要求を各航空機メーカーに提示しました。 当時は、音速を突破することが技術的にまだ研究段階という時代でしたが、1952年6月29日アメリカ海軍はチャンス・ボート社の提案を承認しました。1号機にはXF8U-1の名称が与えられ、1955年3月25日初飛行に成功。この飛行で音速を突破し、史上初の音速艦上戦闘機が誕生しました。その後の開発は順調に進み1957年3月25日異例の早さで量産型F8U-1を装備する最初の実戦部隊VF-32が編成されました。 F-8は細身の胴体に、後退角42゜の主翼を肩翼式に取り付け、全遊動式の水平尾翼を低い位置に配した単発・単座の超音速戦闘機です。空気取り入れ口は機首下面に開口したピトー方式を採用しています。F-8は戦闘機型と偵察機型に大別されますが、F-8E型では全天候能力を備え、主翼下面にパイロンが新設されて4000ポンドまでの外部装備が可能となり、対地攻撃にもその威力を発揮するようになりました。 ベトナム戦争では、戦闘機としてはもとより、対空砲火制圧や海兵隊にも投入され、アメリカ空母機動部隊の主力機種として活躍しました。 未塗装・組み立てキット

ハセガワ☆1/72 SH-60B シーホーク[D1]【4967834014312】

コンディメント・メディテラネオ

1,037

ハセガワ☆1/72 SH-60B シーホーク[D1]【4967834014312】

ハセガワのプラモデルです。 画像は組み立て・塗装したイメージなどです。実際の商品と異なる場合がございます。 取り寄せ・発送に5〜7営業日程かかります。 メーカー欠品の場合は改めてご連絡申し上げます。あらかじめご了承くださいませ。シコルスキーSH-60Bシーホークは米海軍のLAMPS Mk.3(第3次多目的軽航空機システム)に採用された多目的ヘリコプターです。陸軍のUH-60Aブラックホークを基に艦載用として開発されたもので、エンジンの出力アップ、ローターブレード等の折りたたみ機構、ホイールベースの短縮などの改修が施され、艦載機として必要な装備や電子機器が搭載されています。ASW(対潜水艦戦)やASST(対艦船索敵)を主任務とし、捜索救難、各種輸送などに活躍しています。シーホーク最初の飛行隊はHSL-41で1984年に編成されました。 《データ》 乗員:3名、メインローター直径:16.36m、胴体長:15.26m、胴体幅:4.37m、全高:5.18m、最大離陸重量:9,927kg、エンジン:T700-GE-401 推力1,690shp×2、最大速度:361km/h、固定武装:なし。 ハセガワのプラモデルです。 画像は組み立て・塗装したイメージなどです。実際の商品と異なる場合がございます。 取り寄せ・発送に5〜7営業日程かかります。 メーカー欠品の場合は改めてご連絡申し上げます。あらかじめご了承くださいませ。

ハセガワ 1/48スケール J35F/J ドラケン (PT41)

ホビープラザ ビッグマン

3,305

ハセガワ 1/48スケール J35F/J ドラケン (PT41)

メーカー ハセガワ 商品詳細 1949 年スウェーデン空軍は新型の戦闘機の開発をサーブ社に要求。1955年、ダブルデルタ翼を持つ独特の形態をしたドラケンが誕生しました。戦闘機型の J35AからJ35B、J35D、J35Fへと改良が加えられ、他に複座戦闘練習機型のSK35C、写真偵察機型のS35Eが生産されました。最も多く生産されたJ35Fは、J35Dからの発展型で火器管制装置が高性能なサーブS7Bに変更され、Rb.27(AIM-26Bファルコン空対空ミサイル)またはRb.28(AIM-4Cファルコン空対空ミサイル)を4発携行でき、強力な全天候型迎撃機となりました。さらにJ35Fの搭載燃料量を増し、外部ハードポイントを増設、近代化改修を施したJ35Jが生産されました。キットはJ35FとJ35J の選択式。詳細な実機資料を基に設計いたしました。ラムエア・タービン、着陸滑走用の尾輪は開状態を再現。主翼下面搭載用のサイドワインダー、ファルコンは別売りのエアクラフト ウェポンC・アメリカ ミサイルセット(X48-3)をご利用ください。デカールは、スウェーデン空軍所属機より下記の3種をセットします。 商品仕様 デカール ●J35F-2:F10航空団 第3飛行隊 所属機「10-06」(グリーン系迷彩) ●35J:F10航空団 第2飛行隊 所属機「10-39」(グレー系迷彩) ●J35J:F10航空団所属機「10-52」(グリーン系迷彩) 未塗装・組み立てキット コピーライト ------ 商品サイズ 1/48スケール 対象年齢 ------ 備考 ------ 個数制限 ------ 発売予定日 ------

ハセガワ☆1/72 三菱 F-1[C3]【4967834013339】

コンディメント・メディテラネオ

864

ハセガワ☆1/72 三菱 F-1[C3]【4967834013339】

ハセガワのプラモデルです。 画像は組み立て・塗装したイメージなどです。実際の商品と異なる場合がございます。 取り寄せ・発送に5〜7営業日程かかります。 メーカー欠品の場合は改めてご連絡申し上げます。あらかじめご了承くださいませ。三菱F-1は、練習機型T-2から発達した航空自衛隊の支援戦闘機です。国産初の超音速ジェット戦闘機として、昭和47年に開発を始め昭和50年度より調達を開始しました。過去に支援戦闘機としてF-86Fが使用されていましたが、本格的な支援戦闘機運用を行うため航空自衛隊はF-5EタイガーIIの導入も考えられましたが、当時運用段階にあったT-2練習機の戦闘機改造案に決定しました。FS-T2改(後のF-1)の開発がスタートし、このためT-2の量産型106号機と107号機が飛行試験用にT-2特別仕様機として完成し、各種のシステム試験や飛行試験を行いました。これら各種試験の結果に基づき昭和51年11月14日付で防衛庁長官の部隊使用承認が下り、同時にFS-T2改から支援戦闘機F-1に正式名称が決定されました。F-1配備は52年度から開始され三沢基地の第3飛行隊、第8飛行隊、築城基地の第6飛行隊に順次F-86Fに替えて配備されました。F-1は支援戦闘機ですが運用上要撃戦闘機としても使用されます。このため武装は多種装着されます。要撃ミッション時は空対空ミサイルサイドワインダー、支援戦闘時は500lb爆弾、対艦ミサイル、70mmまたは127mmロケット弾等を装着します。こうした多種ミッションを行うためF-1はT-2から改造される際に、捜索追尾レーダーの強化、電波高度計と大気諸元計算機を追加装備、レーダー警戒装置、ストライクカメラ等を装着し、武装関係の取付けパイロン等追加改造を行っています。このような改造、追加装備の中、F...

ハセガワ 1/72 E36 F-4B/NファントムII

ホビーショップてづか

2,246

ハセガワ 1/72 E36 F-4B/NファントムII

F-4ファントムIIは、総生産数5000機をこえて 自由主義陣営の超音速戦闘機のベストセラーとなりました。 すぐれた全天候戦闘能力を備え、 空戦と対地攻撃の両方をこなす多用途性が アメリカ海軍、海兵隊、空軍をはじめ、 諸外国に採用されて現在も活躍している要因です。 当初はアメリカ海軍の全天候艦上戦闘機として開発され、 原型1号機は1958年5月27日に初飛行しました。 海軍では、最初の量産型のB型、B型を改良したN型、 主力となったJ型、J型を改良したS型へと発達型を開発しました。 空軍でもC型として採用を決め、C型を改良したD型、 機首にバルカン砲を装備したロングノーズタイプのE型、ワイルド・ウィーズルのG型があり、 派生型として海兵隊の偵察型RF-4B、空軍のRF-4Cがあります。 また、航空自衛隊でも空軍のE型仕様の機体をEJ型として ライセンス生産し、偵察型にはRF-4Eを使用しています。 《データ》 F-4J 乗員:2名 全幅:11.71m 全長:17.76m 全高:4.96m 最大離陸重量:24,770kg エンジン:ジェネラルエレクトリック J79-GE-10×2 推力:5,377(アフターバーナ使用時8,120kg)×2 最大速度:マッハ2.2/12,200m 固定武装:なし 初飛行:1966.5.27 デカール / ・F-4N:アメリカ海軍 VF-111“サンダウナーズ"CAG機「NM200」 ・F-4B:アメリカ海軍 VF-151“ヴィジランティーズ"CAG機「NF200」 ・F-4B:アメリカ海兵隊 VMFA-115“シルバーイーグルス"所属機「VE10 【 製品仕様 】 ■ プラモデル組立キット

ハセガワ 1/72スケール 川崎 キ61-I 丁 三式戦闘機 飛燕 [A3]

ホビープラザ ビッグマン

734

ハセガワ 1/72スケール 川崎 キ61-I 丁 三式戦闘機 飛燕 [A3]

三式戦闘機 飛燕は、太平洋戦争で活躍した日本戦闘機の中で、唯一の液冷戦闘機です。空気抵抗と重量の軽減に努力を払った結果、速度と運動性の双方を最大限に発揮できるバランスの良い機体として完成し、昭和18年に制式採用されました。 しかし、基礎工業力の無さから来る生産の不手際と、整備の不慣れによるハ40液冷エンジンの不調が本機の泣き所でした。 それでもフィリピンやニューギニア、そして本土防空戦で戦果をあげています。特に本土防空戦では安定した部品供給とベテラン整備員の働きにより高い稼働率を維持し、また他の日本機に比べ高空性能が良かったため、対B-29戦闘に奮戦しています。 とりわけ、飛行第244戦隊では陸軍史上最年少の戦隊長、小林照彦大尉を筆頭に激しい戦いぶりを見せ、終戦までにB-29を160機以上撃墜し、随一の部隊戦果を誇りました。 キットは完全新金型で丙型を再現いたします。1/32スケールに適した彫刻の密度、多数のパーツで構成されたコクピット再現などが見所です。 主翼と胴体の取付部分には、お馴染みの大型桁部品を使用していますので、確実な位置決めが可能です。風防は閉状態用のワンピースタイプと、開状態用の3分割タイプの2種をセット。 着座姿勢のフィギュアが1体付属。頭部パーツは酸素マスク有り・無しの2種を用意。デカールは飛行第244戦隊 戦隊長 小林 照彦大尉乗機「295」(調布飛行場:1945年1月)と、他2種です。 未塗装・組み立てキット

ハセガワ☆1/72 ライトニング F Mk.6[B15]【4967834012455】

コンディメント・メディテラネオ

778

ハセガワ☆1/72 ライトニング F Mk.6[B15]【4967834012455】

ハセガワのプラモデルです。 画像は組み立て・塗装したイメージなどです。実際の商品と異なる場合がございます。 取り寄せ・発送に5〜7営業日程かかります。 メーカー欠品の場合は改めてご連絡申し上げます。あらかじめご了承くださいませ。BACライトニングは、イギリスで開発、生産された超音速戦闘機です。F Mk.6は新主翼の採用、胴体下部張出しタンクの大型化、主翼上面増槽タンクの装備などにより航続性能が向上しました。のちに胴体下部張出しタンク前部に30mmアデン砲2門と胴体後部下面にアレスターフックを装備しました。F Mk.1が実戦配備されてから28年目の1988年6月第一線を退きました。 《データ》 乗員:1名、全幅:10.61m、全長:16.84m(ピトー管含む)、全高:5.97m、エンジン:ロールスロイスエイボン302 推力5,035kg(A/B使用時7,394kg)×2、最大速度:マッハ2.27/12,200m、固定武装:30mm アデン機関砲×2、初飛行:1965.6.16(F Mk.6) ハセガワのプラモデルです。 画像は組み立て・塗装したイメージなどです。実際の商品と異なる場合がございます。 取り寄せ・発送に5〜7営業日程かかります。 メーカー欠品の場合は改めてご連絡申し上げます。あらかじめご了承くださいませ。

ハセガワ☆1/72 SH-60J シーホーク(海上自衛隊) [D13]【4967834014435】

コンディメント・メディテラネオ

1,037

ハセガワ☆1/72 SH-60J シーホーク(海上自衛隊) [D13]【4967834014435】

ハセガワのプラモデルです。 画像は組み立て・塗装したイメージなどです。実際の商品と異なる場合がございます。 取り寄せ・発送に5〜7営業日程かかります。 メーカー欠品の場合は改めてご連絡申し上げます。あらかじめご了承くださいませ。シコルスキーSH-60Jシーホークは、 海上自衛隊が現用中のHSS-2シーキングの後継機として採用した次期対潜ヘリコプターです。 SH-60Jはアメリカ海軍で使用されているSH-60B多目的ヘリコプターを母体としています。 対潜作戦用機材は、我国の対潜作戦に合わせて国産の機材が開発され搭載されます。 HSS-2に比較してひと回り小型で、乗員も4名から3名に合理化されました。 《データ》 乗員:3名 メインローター直径:16.36m 胴体長:15.26m、胴体幅:4.37m、全高:5.18m 最大離陸重量:9,927kg エンジン:T700-GE-401 推力:1,690shp×2 最大速度:361km/h 固定武装:なし 初飛行:1979.12.12(SH-60B)。 ハセガワのプラモデルです。 画像は組み立て・塗装したイメージなどです。実際の商品と異なる場合がございます。 取り寄せ・発送に5〜7営業日程かかります。 メーカー欠品の場合は改めてご連絡申し上げます。あらかじめご了承くださいませ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク