メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「方向幕」検索結果。

方向幕の商品検索結果全33件中1~33件目

送料無料
30531 名鉄3700系2次車 増結4両編成セット(動力無し)[グリーンマックス]【送料無料】《取り寄せ※暫定》

あみあみ

15,290

30531 名鉄3700系2次車 増結4両編成セット(動力無し)[グリーンマックス]【送料無料】《取り寄せ※暫定》

販売数量制限お一人様 3 ヶまで。(同一住所、あみあみ本店支店合わせての制限数です)備考※他の商品と同梱発送になる場合は別途送料が発生いたします。※代引手数料等、一部の決済手数料はご負担いただきます。発売日17年01月未定ブランドグリーンマックス製品仕様完成品【材質】ABSセット内容ク3703モ3753モ3853ク3803JANコード4946950305313登録コード_09564 _09604 _09792 _09793 _09849 b0000298 newi 30531 詳細名鉄3700系は1997年に登場した4両編成の通勤車で、車体断面が従来の卵型から側板が垂直の角張った形状になり、パンタグラフがシングルアームタイプとなっていることが特徴です。2次車は大型曲面ガラスを用いた前面窓位置が高くなり、方向幕のサイズが拡大される等1次車とのデザイン上の差異がみられます。3700系は3500系、3300系の他3100系、3150系などと組み合わせた4~8両編成で本線系統を中心に幅広く使用されています。製品は前面窓高さや方向幕が拡大された2次車の2010年頃の姿を再現します。●前面窓位置が高く、種別行先表示窓が拡大された2次車の特徴を再現!●電球色LEDのヘッドライトを採用●2010年頃に活躍していた姿をモデル化●発売済みの3100系、3150系、3300系、3500系と連結して多様な編成が楽しめます。●豊橋方先頭車のクーラーに対空表示が印刷されていない姿を再現。【商品の特徴】種別・行先表示(急行・豊橋)、車両番号、Mロゴ、ECBマークは印刷済み前面ガラスワイパー、窓サッシ、靴摺り、ドアレールは印刷にて表現ベンチレーター、信号炎管、避雷器、ランボードは一体彫刻表現クーラー、列車無線アンテナ・ヒューズボックスは取り付け済み床下機器は既存部品...

送料無料
50550 秩父鉄道7500系 第6編成 3両編成セット(動力付き)[グリーンマックス]【送料無料】《取り寄せ※暫定》

あみあみ

15,380

50550 秩父鉄道7500系 第6編成 3両編成セット(動力付き)[グリーンマックス]【送料無料】《取り寄せ※暫定》

販売数量制限お一人様 3 ヶまで。(同一住所、あみあみ本店支店合わせての制限数です)備考※他の商品と同梱発送になる場合は別途送料が発生いたします。※代引手数料等、一部の決済手数料はご負担いただきます。発売日17年01月未定発売予定16年12月未定から17年01月未定に変更ブランドグリーンマックス製品仕様第6編成 3両編成セット(動力付き)【材質】ABS【その他】車両番号、社紋、前面方向幕(羽生)、種別幕(各停)、印刷済※模型化にあたり一部実車と異なる箇所がございます。予めご了承ください。セット内容クハ7706デハ7606デハ7506JANコード4946950505508登録コード_09564 _09604 _09792 _09793 _09849 b0000298 newi 50550 詳細秩父鉄道7500系電車は、2010年3月から営業を開始した形式で、老朽化した1000系電車の置き換えのため、東急8090系電車を譲り受け改造を施した車両です。羽生方からクハ7700形+デハ7600形+デハ7500形の3両編成を組成し、現在7編成が運用されています。主な改造点としては、ワンマン化改造、中間車デハ7600形のパンタグラフがシングルアーム型から菱形に変更されて2基に増設、それにともなう冷房装置の1基撤去などがあげられます。前面の帯は先に導入された7000系電車と同じ緑色→黄色のグラデーションに張り替えられ、側面の帯も緑色となりました。製品は、2次譲渡グループの7500系3両編成の第6編成をモデル化し、譲渡時期により異なる増設パンタグラフ周辺のディテールを的確に再現しています。このため、屋根、妻板の専用金型を新規におこしています。ワンマン化改造の側面乗降扉脇の半自動ドアスイッチ、前面ホーム検知装置は印刷で表現しています。動力ユニットは...

トミーテック 鉄道コレクション 東武区間快速 日光・会津田島行 47列車 鉄道模型パーツ 285076

ポストホビーWEBSHOP

7,776

トミーテック 鉄道コレクション 東武区間快速 日光・会津田島行 47列車 鉄道模型パーツ 285076

■商品説明東武鉄道本線系統では、浅草から野岩鉄道を経由し会津鉄道:会津田島まで、3社直通の快速・区間快速が運行されておりました。3社が所有する6050系は関東私鉄では珍しいクロスシート主体の車両で、2両編成×3組の6両編成で浅草を出発し、途中、下今市で東武日光行を切り離し、また野岩鉄道へ入る新藤原で2両を切り離す「3階建て」になっていたのも特徴的でした。永らく愛されたこの快速・区間快速も、新たに新造された特急車両「500系・リバティ」の運行開始に伴い2017年4月20日で廃止となりました。最終日2017年4月20日浅草9:10発最後の快速列車となった39列車と、16:40発最後の区間快速列車となった47列車をそれぞれ製品化。快速39列車セットはトップナンバー6151編成を含み、また区間快速47列車セットは東武・野岩・会津の3社所属車両が入った編成を再現。方向幕印刷済、他の方向幕など収録したシール付属予定。動力ユニットは快速39編成セットにはTM-25(20m級D2)、区間快速47列車セットにはTM-25(20m級D2)またはTM-08R(20m級A)が適合、走行化パーツセットはTT-04R、パンタグラフはPT4811N「0258」を推奨しています。スケール:形態:鉄道模型パーツ商品コード:4543736285076

タイムギャル&忍者ハヤテ

Amazon

28,800

タイムギャル&忍者ハヤテ

タイムギャル&忍者ハヤテ (株)スクウェア・エニックス メーカー型番:SLPS-00383 発売日 1996年7月5日 ジャンル アドベンチャー フォーマット PlayStation® 販売形態 ディスク 『忍者ハヤテ』はタイトーから1984年にリリースされたレーザーディスク・アニメーションゲームの第1弾。アニメーション制作は東映ビデオが行った。 プレイヤーは8方向レバーと1ボタンでハヤテを操作する。画面上に発生する敵の攻撃や罠に対し、画面上の入力指示に従い、ボタンで主に武器による攻撃を、レバーでハヤテの移動方向を指定して回避及び攻撃を行う。 入力のタイミングがあえば正解のチャイム音がなりスコア加算される。(一定スコアごとにエクステンドが発生する)入力ミス及び不正解の場合は失敗のブザー音と共に1ミスとなり、残機数が0になるとゲームオーバーとなる。全18幕。 演出面では海外製LDゲーム『ドラゴンズレア』のようにキャラクターのオーバーな表情やコミカルなミスリアクション演出が特徴となっている。 『タイムギャル』(TIME GAL)は、1985年にタイトーが制作・販売した独自筐体仕様の業務用レーザーディスクゲーム。 『忍者ハヤテ』(1984年)、『宇宙戦艦ヤマト』(1985年)に続くタイトーのレーザーディスクアニメーションゲーム第3弾。 ゲームシステムは『忍者ハヤテ』を基本とし、「A.D.4000」のシューティングシーンのみ『ヤマト』からの流用となっている。本作のシステムの土台となったゲームは、『スペースエース』(1984年)、『ヤマト』の要塞ウルクのステージで、スタッフはこの2つゲームを参考にしながら本作を作ったとしている。専用のアップライト筐体は『ハヤテ』からの改造となっている。 背景設定は...

送料無料
WET - PS3

Amazon

2,997

WET - PS3

【ストーリー】 金さえ積まれればどんな仕事も請け負う“何でも屋"ルビは、とある富豪から彼の息子を捜し出し、無事連れ戻す仕事を請け負った。 しかし簡単に思えたこの仕事には、複雑に入り組んだ罠が仕込まれていた。ルビの報酬は奪われ、雇われたと思っていた男とは別に、 黒幕が存在している事に気付く・・・。完全にキレたルビ。煮え湯をのませた黒幕への復讐の幕が、今切って落とされる。 【ゲーム概要】 -3つのタイプのアクションが融合! ルビの武器は二丁拳銃、刀、そして超人的とも言える身体能力から繰り出される、様々なアクロバティックなアクションだ。敵の間を駆け抜けながら、 壁を走りながら、床を滑りながら、梯子から真っ逆さまに滑り下りながら、そして時に車から車へと飛び移りながら、銃や刀を巧みに操り、確実に敵を抹殺していく。 攻撃は360度如何なる方向へも展開可能。流れを止める事無く、スピーディ且つ爽快なアクションを堪能する事が出来る。 -レトロでシネマチックな映像美! 一癖も二癖もある強烈なキャラクター達に、レトロ感溢れる映像、'70をインスパイアしたサウンド、そして3つの国を股に掛けたストーリーが、まるで映画の如くスピーディーに展開されていく。 特にルビが顔面に返り血を浴びて怒りのピークに達した際には、画面が赤と黒のグラフィックに切り替わる“レイジモード"へとチェンジ。一気にテンポアップし、スピード、攻撃力共に上昇する。 -豪華キャスティングによるシナリオとボイスオーバー! シナリオを手掛けるのは、人気テレビシリーズ『24』で称賛を浴びたライター、Duppy Demitrius。 アクション監修には「マトリックス」等も手掛けたスタントチーム“87 Eleven"が、そしてモーションキャプチャには「スパイダーマン」等を手掛けたスタジオ...

Bトレインショーティー東急電鉄デハ3450形(緑塗装) 2両セット

電車市場 楽天市場店

2,160

Bトレインショーティー東急電鉄デハ3450形(緑塗装) 2両セット

Bトレインショーティー 東急電鉄デハ3450形(緑塗装) 2両セット 東急デハ3450形は1931年より登場した東急電鉄の通勤型電車で、昭和初期から510形として50両製造され、当時としては大量に製造された東急を代表する車両です。 現在でも同形式の車両が電車とバスの博物館に保存されています。 このセットでは、デハ3450形1両+クハ3850形1両の2両が組み立てられます。 2両のパーツを組み合わせることで、3450形の他の一部のタイプにも組み立て可能な仕様です。その場合、組み立てられる車両は1両となります。 標準の組み合わせ以外の組み立てには、模型や車両に関して専門的な知識が必要です 車番、方向幕ステッカー付属 新シャーシ(NewSGフレーム)採用 2016年5月に開催されたたまプラーザトレインパーク2016で販売されたものと同じものです。 イベント会場など当店以外の場所で販売することもございます。 ※写真は試作品です。実際の商品と異なる場合があります。 状況によりましては発送日が遅くなる場合がございますのでご了承ください。ご注文いただいた方へは発送日を別途メールにてご連絡いたします。また、配達日時の指定はお受けできかねますのでご了承ください。 発売元 :株式会社総合車両製作所 電車市場 製造元 :株式会社バンダイ 東京急行電鉄株式会社商品化許諾済 ※返品・交換につきましては、商品の特性上、ご面倒様ですがお客様とメーカー等と直接ご対応して頂く場合がございます。   電車市場はネットショップ専門です。実際の店舗はありません。ですので、当社製作所・営業所等での販売や商品の受け渡しも行っておりません。 お支払方法を問わず、当店ではラッピング包装には対応いたしません。ご了承ください。 領収書や納品書...

【予約注文】2018年2月予定 トミーテック [TOMYTEC]全国バスコレクション  JB041-2  横浜市交通局 鉄道模型

ホビープラザ ビッグマン

972

【予約注文】2018年2月予定 トミーテック [TOMYTEC]全国バスコレクション JB041-2 横浜市交通局 鉄道模型

商品概要 JB041:横浜市交通局をリニューアル発売します。前回品と車番、ナンバープレート、行先方向幕が変更となります。 横浜市交通局 神奈川県横浜市を事業エリアをする公営交通です。市営バスの他にも市営地下鉄を運営しており、市営バス、市営地下鉄で横浜市内ほぼ全域をカバーしています。市営バスは保土ヶ谷、若葉台、浅間町、滝頭、本牧、港南、港北、鶴見、緑、磯子の10営業所から形成されております。前回滝頭営業所の車両を製品化しましたが、今回は浅間町営業所の車両を製品化致します。 日野ブルーリボン ノンステップバス 型式:QDG-KV290N1 実車WB:5300mm 塗装組立済 【スケール】1/150(Nゲージサイズ) ※画像はイメージです。 ※お一人様3個まで 予約商品について ※メーカーの都合により、価格・発売時期・仕様などは予告なく変更する場合がございます。予めご了承のうえ、ご予約いただきますようお願い致します。発売時期の延期に関しましては、個別にご連絡は致しておりません。メーカーから連絡が入り次第、商品ページにて更新させていただいておりますので、そちらでご確認の程よろしくお願いいたします。 ※人気商品は、メーカーや問屋様の都合により、販売店に事前の予告無く発売間際に出荷数量が削減されることがあります。大幅なカットとなった場合などは、ご予約お申し込みされていましてもご提供できない、または数量を減らさせていただくことがございます。予めご了承のうえ、ご予約いただきますようお願い致します。 ※取引先の問屋の流通上、商品によっては、発売日にお届けできない場合があります。ご了承ください。(経費削減の為、月末にまとめて発送する問屋もございます) ※当店の予約商品は、発売日にお届けするのをお約束することができません。ご了承ください。 ※一部商品には...

トミックス TOMIX 9307 サハ103(初期型冷改車・スカイブルー)

ホビーショップ タムタム

1,620

トミックス TOMIX 9307 サハ103(初期型冷改車・スカイブルー)

103系は1963年に登場した通勤形車両で3400両以上が製造され関東・関西の通勤路線で活躍しました。京浜東北線は1974年に高運転台車両が導入されました。阪和線では6両編成で高運転台非ATC車両が活躍し、東海道線(京都ー西明石間)では7両編成で低運転台で冷房搭載、ユニットサッシの車両が多数導入され各地でスカイブルーの103系が活躍しました。【製品仕様 ※基本・増結・単品各商品の内容を含みます。】・ハイグレード(HG)仕様・冷房付のスカイブルー塗装の車両を再現・Hゴムは灰色で再現■基本セット・車番・JRマーク転写シート付属・前面行先部品付属(下記参照)・ヘッドライトは電球色点灯・方向幕・運行番号は白色点灯・各車両ユニットサッシの形状を再現・前頭部床下配管・ジャンパ栓など再現■増結セット・車番転写シート選択式(基本セット付属転写シートを使用)・モハ102形はトレーラー車両・ユニットサッシの形状を再現・車番転写シート選択式(基本セットに付属)・ユニットサッシと初期型冷改車の2種類を製品化■付属前面行先部品内容について大宮・大船・快速大宮・快速大船南浦和・東十条・蒲田・桜木町天王寺・和歌山・快速天王寺・快速和歌山京都・高槻・西明石・普通

こちらの関連商品はいかがですか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク