メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「不二家のペコ」検索結果。
お客様が入力された検索条件に該当する商品が見つかりませんでした。

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
吉野家

Amazon

4,980

吉野家

大手牛丼チェーン店の「吉野家」を題材にした、一風変わった接客アクションゲーム。お客を席に誘導し、オーダーを受け、配膳し、最終的にその客を満足させ、店舗ごとに設けられた営業目標の達成を目指すという、まさに吉野家をそのままシミュレートした1作だ。    メインとなるミッションモードは、「接客アクション」と「接客勝負」の2つのパートで構成されており、研修を経てプレイヤーは数々の店の仕切りを行っていくことになる。「接客アクション」では、効率よくお客を席に誘導し、オーダーを受け、配膳を行い、接客の速さでお客を満足させていくパート。タイミングよく声をかけ、一度にまとめて配膳ができる「まとめ出し」を行えるよう客を誘導するのがポイントで、すばやく適切な接客をすると牛丼が光だし、お客も思わず踊り出すようになっている。    吉野家の味にこだわる客を1対1で接客するのが「接客勝負」で、お茶だし、オーダー受け、クレーム発生!!、盛り付け、真心注入!!というアクション仕立ての各パートをこなし、至高の牛丼作成を目指す。    メインモードのほか、各ステージの接客アクションパートを自由にプレイできる「フリーモード」と、吉野家トリビアが満載の「吉野家アラカルト」の2つのモードも用意されている。(田村 雅)

犬神家の一族

Amazon

1,500

犬神家の一族

日本ミステリー界の金字塔と謳われた、最高のミズテリー作品をゲームで体感。 横溝正史著作の金田一耕助シリーズ「犬神家の一族」が、ついに本格アドベンチャーゲームとして、ニンテンドーDSに登場です。 プレイヤーは探偵・金田一耕助となり、犬神家で起こった未曾有の連続殺人事件に身をおき、名推理で難事件を解決へと導きます。 原作小説の雰囲気をそのままに、モノクロの墨絵タッチで描かれたグラフィック、重厚な物語とゲームならではのストーリーの展開、DSで再現される数々の名場面を楽しむことができます。 【血で血を洗う凄惨な連続殺人事件。次々と明らかになる忌まわしき一族の系譜…】 昭和二十X年。信州・犬神財閥の創始者・犬神佐兵衛がこの世を去った。残された遺言状を管理する犬神家の顧問弁護士、古館恭三の助手である若林豊一郎は、この遺言状が一族に不穏な影をもたらすことになると予測し、私立探偵・金田一耕助に助力を得るために手紙を送った。しかし若林は、金田一と顔を合わせることなく、何者かによって殺害されてしまう・・・奇怪な連続殺人事件は、こうして始まった・・・ ■タッチペンを使った簡単操作で誰でも手軽に本格ミステリーを楽しむことができます。 重要語を相手になげかけることで、新たに入手できる情報や物語が変化します。この「ドラマチックキーワードシステム」を使ったキャラクターとの駆け引きによって、事件解決への糸口を探します。捜査に行き詰ったら、タッチペンで金田一耕助の頭を掻きむしることで、妙案をひらめくこともあります。 ■あなたの推理、行動で物語が変わる"if"の展開を楽しむことができます。もしもあの時、あの場面で金田一耕助が別の行動をしていたら、事件は違った展開になることもあります。 ■複雑に入り組んだ人物関係を俯瞰で確認できる「相関図」...

まんが家デビュー物語~あこがれ!まんが家育成ゲーム!

Amazon

2,980

まんが家デビュー物語~あこがれ!まんが家育成ゲーム!

まんが家志望の女の子をプロデビューさせる育成シミュレーションゲームである。育成のほかにも絵を描いたり色つけをしたり、ミニゲームもあったりとさまざまな遊び方ができる。ゲームをしながら、まんが家の仕事内容がわかるのも魅力の1つだ。    主人公は小さい頃からまんが家を夢見ていた女の子。まんががもともと好きなうえに主人公の住む街は出版社が多く、まんが家や出版業界の人が多数住んでいる。そんな環境も影響し、彼女は卒業を機にまんが家への道を歩き始める。プレイヤーに与えられた時間は3年間(36ヵ月)。毎月彼女の行動スケジュールを決め、まんが家に必要なスキルを上げていくのだ。最終的に「まんが家志望」から「テレビアニメ化の売れっ子」までの5段階のエンディングが用意されている。    まんがの制作過程となる「ストーリー」「下書き」「ペン入れ」「消しゴム」「仕上げ」はミニゲーム形式で表現され、まんが持込、作品投稿などのイベントも多数収録している。「簡単お絵描き機能」を搭載しているので、ちょっとした絵を描くことも可能。プレイヤー自身が絵を描けば描くほど、ゲーム内の主人公のパラメータも上がっていく仕組みになっているのがポイントだ。(岡田幸司)

スポンサーリンク
スポンサーリンク