メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「モデルプレーン」検索結果。

モデルプレーンの商品検索結果全6件中1~6件目

送料無料
タミヤ 1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.159 アメリカ強襲水陸両用兵車 AAVP7A1 アップガンシードラゴン 35159

Amazon

2,425

タミヤ 1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.159 アメリカ強襲水陸両用兵車 AAVP7A1 アップガンシードラゴン 35159

【 渡河や上陸作戦で実力を発揮 】完全武装の兵員25名、資材なら約4.5トンを収容して上陸作戦を行える優れた性能を持ち、アメリカ海兵隊の主力水陸両用兵車として使われてきたLVTP7A1。火力強化のために、それまでの12.7mm機銃と60mm発煙弾発射器に加えて強力な全自動の40mmグレネードランチャーを装備するキャデラック・ゲージ社製の新型銃塔が搭載され、戦闘力が大幅にアップ。また、車体前部にバウプレーンと呼ばれる波切り板も装着され、1985年の戦術の変更にともなってAAVP7A1と呼ばれるようになりました。1991年の湾岸戦争では海兵隊の主力として参加。海兵隊員の頼れる足としてM60A1戦車とともに砂漠を進撃し、クウェート解放のために戦ったのです。【 模型要目 】アメリカ海兵隊の強襲水陸両用兵車AAVP7A1を再現したプラスチックモデル組み立てキットです。★1/35スケール、全長235mm、全幅94mm。★特徴的な新型銃塔は40mmグレネードランチャーの給弾ベルトまでパーツ化してリアルに再現。★銃塔のハッチと兵員用ランプは開閉選択式。その他のハッチと車体前部のバウプレー?

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
AUTOart 1/18 マクラーレン P1 GTR オレンジ 完成品

Amazon

14,541

AUTOart 1/18 マクラーレン P1 GTR オレンジ 完成品

2013年のジュネーブショーで発表された「Position1(=1位)」を車名の由来とする「マクラーレン P1」は、販売価格およそ1億円で世界で375台のみを生産。同社の「MP4-12C」同様、ディヘドラルドアやカーボンコンポジット製モノコックを採用し、搭載されるエンジンも「MP4-12C」の3.8リッターV型8気筒ツインターボをベースに最高737PSにまで出力アップ。さらにハイブリッドシステムがプラスされ、最高出力は驚愕のトータル916PSを発揮します。その性能は、0-100km/h加速3秒未満、最高速度は350km/hと発表されています。 そのハイブリッドスーパーカー「P1」をベースにして作られたサーキット走行専用モデル『マクラーレン P1 GTR』は、「マクラーレン F1 GTR」の誕生20周年を記念して世界でわずか40台ほどを生産。価格は約3億5000万円で、「P1」の購入者だけに注文の権利が与えられる特別なモデルです。ピストン形状からマッピングまで多くの改修を施されたエンジンは、最高出力800PS以上。そこにモーターの200PSのアシストが加えられ、パワーユニット全体としてはトータルで1000PSを発生。ボディは似た形状ながら「P1」よりも低く幅広く、カーボンファイバーのボディパネルは細かく変更され肉薄化、およそ100kgの軽量化を達成しています。オーナーには専用の特別走行プログラム「マクラーレン P1 GTR トラック プログラム」が提供され、マクラーレンのテクノロジーセンターでのシミュレータートレーニングからサーキットの実走に至るまで、オーナーそれぞれの技量に応じた内容で篤くサポートされます。

送料無料
トミカリミテッドヴィンテージ 1/64 TLV-栄光への5000キロ ダットサンブルーバード (メーカー初回受注限定生産) 完成品

Amazon

4,163

トミカリミテッドヴィンテージ 1/64 TLV-栄光への5000キロ ダットサンブルーバード (メーカー初回受注限定生産) 完成品

石原裕次郎さん没後30年特別企画として西部警察ガゼールに続き、映画『栄光への5000キロ』で裕次郎さんがドライブしたダットサンブルーバード(510型)ラリー仕様を商品化します。日産チームのサファリラリーでの戦いを題材にした小説『栄光への5000キロ』を原作として作られた映画『栄光への5000キロ』は、1969年のイーストアフリカン・サファリラリーを主な舞台として、実際にエントリーしながらの撮影などスケールの大きな作品として話題になりました。石原プロ作品と日産車の強い結びつきも、この作品がきっかけといわれています。現在でも保存されており、近年は石原裕次郎記念館で展示されている姿を見た方もいらっしゃるでしょう。本製品はノーマルのブルーバードをベースにラリー仕様を新規作成。車高の異なるシャーシはもちろん、ボディ周りのパーツ、室内もほぼ作り起こしとなっています。カラーリングは現在の状態を再現しており、ドライバー名も役名ではなく『Y.ISHIHARA』となっています。知名度も高い作品ですが、登場したブルーバードをしっかり再現した

スポンサーリンク
スポンサーリンク