メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「プラモデル戦闘機」検索結果。

プラモデル戦闘機の商品検索結果全856件中1~60件目

長谷川製作所 1/48 三菱 零式艦上戦闘機 22型

ビックカメラ楽天市場店

1,760

長谷川製作所 1/48 三菱 零式艦上戦闘機 22型

戦争初期を勝利で飾った零戦は、1000馬力に満たないエンジンでできる限りの飛行性能を実現した素晴らしい戦闘機でした。優秀な機体だからこそ、メーカーも軍もさらに良いものを求めるようになり、太平洋戦争開戦の1年も前の昭和16年初めにエンジン換装を含めたA6M3型の開発が開始されました。開発の主眼はメーカー側はエンジン換装による高空性能の向上を、用兵側は主翼折り畳み装置の廃止によるロール(横転)率、速度性能の向上、および生産性、整備性の向上等に置かれました。エンジンは1段2速過給器付の性能向上型栄21型が用意されプロペラも、増えた馬力を吸収するために直径が15cm大きくなったハミルトン恒速式プロペラが装備されました。エンジンの性能が向上した反面重量が増大した為取り付け部分および胴体が大幅な変更を受けた結果、零戦21型に比べ胴体が短縮されました。また、カウリングも空力的洗練の向上の為再設計され、気化器取入れ口が下から上に移動しました。翼端は角形に整形され合計1m短縮されました。主翼固定武装の20mm機関砲も弾数の増えた99式2号固定銃2型に換えられました。こうして改修されたA6M3は、昭和16年7月14日に初飛行し、数々のテストの結果、零式2号艦上戦闘機32型として海軍に採用されソロモン、南西太平洋に配備され活躍しました。このような改修を受け、速度、ロール率等の向上した反面、水平面での運動性と零戦の特徴である航続性能が大幅に低下しました。就役当初はそれほど問題にならなかったものの、ラバウルからガダルカナルへの長距離侵攻が始まると航続距離のなさがクローズアップされるようになりました。そこで主翼の幅を12mに戻し外翼内に燃料タンクを増設した航続性能向上型が作られ、零式2型艦上戦闘機22型として昭和18年1月29日に採用されました...

長谷川製作所 1/32 中島 一式戦 隼【代金引換配送不可】

ビックカメラ楽天市場店

1,998

長谷川製作所 1/32 中島 一式戦 隼【代金引換配送不可】

中島97式戦闘機(キ27)が制式採用となった昭和12年12月、陸軍は中島1社に対して次期戦闘機(キ43)の試作指示を出しました。翌年の12月試作1号機が完成、テスト飛行の結果、97式戦闘機と比較して最大速度が30km/hほど上回るものの、運動性が劣り次期戦闘機としては力不足でした。その後、翼面積の変更、エンジンの換装などいろいろな改修がおこなわれ、昭和15年9月までに13機(試作機3、増加試作機10)が完成しましたが、格闘戦至上主義の軍を納得させることは出来ませんでした。しかし、そのころ参謀本部では南方侵攻作戦でシンガポール攻略には船団を援護する大航続力の戦闘機が必要と考えており、不合格のレッテルを貼られる寸前のキ43に、遠距離戦闘機として活路が見いだされたのです。昭和16年4月には改修機がテストされ要求の航続力も得られ、また、格闘戦も垂直面では優れていたため昭和16年5月一式戦闘機として制式採用が決まり、同年の6月から8月にかけて約30機のI型を飛行第59戦隊が受領しました。隼I型は主にビルマ方面に投入され緒戦の快進撃におおいに貢献したのです。 一式戦闘機II型はエンジンをハ115に換装、機体デザインが洗練され、諸性能の向上を図ったタイプで、II型が実戦配備となるとバッファロー、ハリケーン、P-40等を相手に優位に戦っていましたが、後のスピットファイア、P-38などには苦戦を強いられました。しかし、当時陸軍戦闘機の中でもっとも取り扱いが容易で、稼働率も高かったため終戦まで量産が続けられました。《データ》乗員:1名、全幅:10.84m、全長:8.92m(水平姿勢)、全高:3.27m(水平姿勢)、主翼面積:21.4m2、全備重量:2,590kg、エンジン:中島 ハ115、離昇出力:1,120hp、最大速度:515km/h/6,000m...

1/48 三菱 A6M5c 零式艦上戦闘機 52型 丙[ハセガワ]

ホビーリンク・ジャパン

2,073

1/48 三菱 A6M5c 零式艦上戦闘機 52型 丙[ハセガワ]

数量制限各商品に最大注文受付数を設定しております。ご協力をお願い致します。発売日2001-03-16未定 ブランド ハセガワ(Hasegawa) シリーズ名 JT シリーズスケール1/48製品仕様プロペラ軍用機のキットJANコード4967834191723詳細緒戦の快進撃を続けた零戦21型も昭和18年になると次々と登場するアメリカ陸海軍の新鋭戦闘機に対して速度、火力の面で劣る様になりました。そこで、32型、22型に続いて開発されたのが52型で、翼幅を21型、22型の12mから11mに短縮し、カウリングを再設計して推力式単排気管を装備するなど速度の向上を図り、この結果最大速度は565km/hと22型より25km/hの優速となりました。また、翼内の20mm機銃をベルト給弾式の99式2号4型20mm機銃に換え、急降下制限速度を上げるための主翼外板を厚くした52型甲が生産されましたが、海軍の要求はさらに続き、機首部分の7.7mm機銃の右側を13mm機銃に強化した52型乙、乙型の両主翼の20mm機銃外側に13mm機銃を追加した52型丙と、52型シリーズは中島と三菱で約約6,000機が生産され、太平洋戦争が終わるまで戦い続けました。《データ》零戦52型丙乗員:1名、全幅:11.00m、全長:9.121m、全高:3.57m、自重:2,155kg、全備重量:3,150kg、エンジン:中島 栄21型、離昇出力:1,130hp、最大速度:565km/h(高度6,000m)、武装:13mm機銃×1 20mm機関砲×2+13mm機銃×2(ハセガワ ウェブサイトより)

1/48 三菱 A6M5 零式艦上戦闘機 52型[ハセガワ]

ホビーリンク・ジャパン

2,073

1/48 三菱 A6M5 零式艦上戦闘機 52型[ハセガワ]

数量制限各商品に最大注文受付数を設定しております。ご協力をお願い致します。発売日1999-12-01未定 ブランド ハセガワ(Hasegawa) シリーズ名 JT シリーズスケール1/48製品仕様プロペラ軍用機のキットJANコード4967834191709詳細緒戦の快進撃を続けた零戦21型も昭和18年になると次々と登場するアメリカ陸海軍の新鋭戦闘機に対して速度、火力の面で劣る様になりました。そこで、32型、22型に続いて開発されたのが52型で、翼幅を21型、22型の12mから11mに短縮し、カウリングを再設計して推力式単排気管を装備するなど速度の向上を図り、この結果最大速度は565km/hと22型より25km/hの優速となりました。また、翼内の20mm機銃をベルト給弾式の99式2号4型20mm機銃に換え、急降下制限速度を上げるための主翼外板を厚くした52型甲が生産されましたが、海軍の要求はさらに続き、機首部分の7.7mm機銃の右側を13mm機銃に強化した52型乙、乙型の両主翼の20mm機銃外側に13mm機銃を追加した52型丙と、52型シリーズは中島と三菱で約約6,000機が生産され、太平洋戦争が終わるまで戦い続けました。《データ》零戦52型乗員:1名、全幅:11.00m、全長:9.121m、全高:3.509m、自重:1,876kg、全備重量:2,733kg、エンジン:中島 栄21型、離昇出力:1,130馬力、最大速度:565km/h(高度6,000m)、武装:20mm機銃×2 7.7mm機銃×2(ハセガワ ウェブサイトより)

送料無料
1/72 完成品 中国空軍 殲撃20型 J-20 ステルス戦闘機

Amazon

3,000

1/72 完成品 中国空軍 殲撃20型 J-20 ステルス戦闘機

精密な再現モデルではありません。おもちゃに近い完成品模型です。 飛行状態ステージと接続する場合は、アフターバーナーに差し込むかたちとなります。 飛行状態スタンド使用時のサイズは、長さ約40cm 高さ約24.5cmとなります。 尾翼・主脚はめ込み時に緩い場合がありますので、接着剤などで固定する必要がある場合があります。 J-20は、中国航空工業集団公司が、中国人民解放軍空軍のために試作中の、第5世代双発ステルス機。 J-20は、1990年代にコードネームJ-XXとして開発されたステルス機の1つで、第5世代とされる。#2001および#2002と呼ばれる2つのプロトタイプが2010年末までに製作された。 成都市の成都飛機工業公司テスト飛行場敷地内で飛行を伴わない地上走行が確認されたとされ、容姿は2010年末に非公式の軍事関連のウェブサイトにJ-20のものと思われる画像が掲載されたことで明らかになった[4]。2011年1月11日に初飛行に成功したと公表された。 中国空軍首脳は2009年時点において、中国初のステルス戦闘機がまもなくテスト飛行の段階に入ると述べており、その8-10年後に配備されるであろうとしていた 1999年にコソボ紛争で撃墜されたF-117の残骸から得られたステルスの技術情報を転用した可能性があるとする報道もある。 2012年3月11日付英サンデー・タイムズ紙によると、中国のハッカーがBAEシステムズのコンピュータに侵入し、1年半に渡ってF-35に関する情報を盗んでいたと報じた。 2018年頃に実戦配備予定。 乗員:1名 全幅:13.0m カナード翼幅:7.1m 全長:20.3m 全高:4.7m ホイールベース:6.7m ホイールトラック:3.6m 主翼面積:64.5m2 カナード翼面積:7.8m2(合計) 垂直安定板面積...

送料無料
ファインモールド 1/48 日本陸軍 九五式戦闘機二型 加藤攻撃戦闘隊 プラモデル / FB14

ゼブランド

4,280

ファインモールド 1/48 日本陸軍 九五式戦闘機二型 加藤攻撃戦闘隊 プラモデル / FB14

商品名ファインモールド 1/48 日本陸軍 九五式戦闘機二型 加藤攻撃戦闘隊 プラモデル FB14ブランドファインモールドメーカー型番FB14JAN4536318490142商品仕様本体サイズ:約161mm 組み立て、塗装が必要なプラモデル。別途、工具、塗料等が必要。 ※ お一人様3個まで※ 他ネットショップでも併売しているため、ご注文後に在庫切れとなる場合がございます。予めご了承ください。※ 品薄または希少等の理由により、参考価格よりも高い価格で販売されている場合があります。ご注文の際には必ず販売価格をご確認ください。※ 沖縄県の場合、別途送料をご負担いただきます。予めご了承のうえご注文ください。※ 離島・一部地域の場合、別途追加送料のご負担をお願いする場合がございます。※ お使いのモニタにより写真の色が実際の商品の色と異なる場合や、イメージに差異が生じることがあります。あらかじめご了承ください。※ 商品の詳細(カラー・数量・サイズ 等)については、ページ内の商品説明欄をご確認のうえ、ご注文ください。ファインモールドファインモールド 1/48 日本陸軍 九五式戦闘機二型 加藤攻撃戦闘隊 プラモデル FB14飛行機・ヘリコプター

送料無料
タミヤ 1/48 傑作機シリーズ No.103 日本海軍 三菱 零式艦上戦闘機 52型/52型甲 プラモデル 61103

Amazon

2,145

タミヤ 1/48 傑作機シリーズ No.103 日本海軍 三菱 零式艦上戦闘機 52型/52型甲 プラモデル 61103

【 世界に誇る日本の名機が最新技術でよみがえる 】太平洋戦争を通して日本海軍の主力戦闘機として飛び続けた零戦。中でも大戦後半、高速重武装のアメリカ軍戦闘機に対抗するため、二二型に続いて登場したのが五二型です。排気管を推力式単排気管に変更、翼幅を切りつめて翼端を半円形とするなど各部に改良が加えられ、最高速度は565km/hに向上。続いて携行弾数を増やすため主翼内機銃をベルト式に改めた五二型甲も生産されました。昭和18年秋に部隊配備が開始され、大戦後半のほとんどの戦いに出撃。質・量ともに圧倒的に優勢なアメリカ軍を相手に奮戦したのです。【 模型要目 】零戦五二型のプラスチックモデル組み立てキットです。★スケール1/48、全長190mm、全幅229mm。★徹底的な実機取材に基づいて、零戦特有の機首から尾翼までの流れるようなラインやエンジンカウルの繊細なカーブも忠実に再現。★高密度な仕上がりの操縦室内部や、別パーツとして奥行き感を表現した主脚収納庫も見どころです。★主翼フラップは上げ下げの状態を選べ、カウルフラップは開閉選択式。★主翼機銃をベルト給弾式とした五二型甲も選んで組み立て可能。主翼のディテールやスピナー、木製増槽など五二型との違いを余すことなく再現しました。★マーキングは五二型では空母「隼鷹」搭載機とラバウル航空隊所属機の2種類、五二型甲は撃墜王として知られる赤松貞明少尉の搭乗機を用意。★搭乗員の人形は着座姿勢に加え4種類の立ち姿をセットしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク