メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ハリーポッターのの杖」検索結果。
お客様が入力された検索条件に該当する商品が見つかりませんでした。

こちらの関連商品はいかがですか?

コスモス社ボードゲームカフナの島々 完全日本語版(KAFUNA)【おもちゃ歳から】【子どもお誕生日知育玩具プレゼントキッズ子供ゲーム木のおもちゃギフト出産祝い赤ちゃん男の子女の子】

木のおもちゃwoodwarlock

3,024

コスモス社ボードゲームカフナの島々 完全日本語版(KAFUNA)【おもちゃ歳から】【子どもお誕生日知育玩具プレゼントキッズ子供ゲーム木のおもちゃギフト出産祝い赤ちゃん男の子女の子】

コスモス社ボードゲーム カフナの島々(Kahuna) 完全日本語版 分類 ボードゲーム オススメ 10歳頃から プレイ人数 2人 プレイ時間 20~30分程度 内容品 日本語ゲーム盤、島カード24枚(12×2)、カフナストーン20個、橋コマ50個、日本語説明書 主材料 紙 箱サイズ 縦20cm x 横20cm x 高さ4.6cm メーカー ドイツ コスモス(KOSMOS)社 デザイン アントワーヌ・ボウザ、ブルーノ・カタラ 備考 1999年ドイツ年間ボードゲーム大賞ノミネート ここは南国カフナ諸島。この地で魔術を使いこなすふたりの司祭が、腕比べをすることになりました。彼らは12の島を勝負の舞台に選び、魔法の力で島々の間に橋を掛けあう競争を始めました。カフナの島々は魔法を操る司祭となったプレイヤーが、12の島々を魔法の杖(橋)でつなげ支配し、島の支配権の獲得争いを繰り広げる2人用ゲームです。 ボードには大小様々なサンゴ礁の島が12個、点線で結ばれています。各プレイヤーは自分の杖コマとカフナストーンを持ち、手札3枚を配り場に3枚のカードをオープンしたらゲームスタート。 カードには島の名前が書かれており、カードをプレイすることでその島と隣接する島(接続している点線)に自分の杖を置くことが可能になります。 手番では任意の枚数のカードをプレイでき(プレイしない、捨て札にするという選択肢もあり)、プレイ後は場にあるオープンカードか山札から1枚カードを引いて手札を補充します(最大で手札は5枚まで)。 ひとつの島には最大で3~6の橋が架けられますが、島に対して架けた橋が過半数を超えたプレイヤーはカフナストーンを置き、自分の支配下します。その際、島に架けられた相手プレイヤーの橋はすべて取り除くことができます。例えば...

スポンサーリンク
スポンサーリンク