メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ぬいぐるみスヌーピー」検索結果。

ぬいぐるみスヌーピーの商品検索結果全2,400件中1~60件目

PEANUTS・SNOOPY(スヌーピー)/トム・エバハート ブロス「Bros」|アート

ディノス

345,600

PEANUTS・SNOOPY(スヌーピー)/トム・エバハート ブロス「Bros」|アート

スヌーピーが登場するコミック「ピーナッツ™」原作者チャールズ・M・シュルツ氏から世界で唯一公認されたアーティスト2010年ピーナッツ60周年を記念として創作したもので、世界限定50枚の貴重な作品です。トム・エバハートプロフィール原作者の公認のもと世界で唯一「ピーナッツ」に登場するキャラクターを自由に描けるアーティスト。西海岸を拠点に、カリフォルニアの陽光を浴びながら、創作活動に励む。自分の感情や美しい景色、ときには社会情勢からもインスピレーションを受け、そこに独自のユーモアを織り交ぜることでトム・エバハートのアートは生まれる。明るい色使い、癒しの表情のキャラクターの表情は観るもの皆を楽しく、穏やかで幸せな気持ちにさせてくれます。エール大学を卒業後、ニューヨーク、パリで絵画を学ぶ。80年代に風景画家として成功をおさめる。90年代ルーブル美術館を皮切りにアメリカ、ヨーロッパ、日本で個展を開催。世界で唯一コミックPEANUTS?のキャラクターを描ける画家として注目され2003、2005年と来日され全国から約8000人のファンと触れ合った。近年TV番組等でも特集も組まれる程、世界中のファンから愛されているアーティストトム・エバハートは常に新しい「変化」表現方法を探究している。それはシュルツ氏からの教えでもあり、自分自身のアーティストとしての拘りでもある。新しいアートが誕生して27年間は様々なタッチの変化があった。たくさんの色をドリッピング、ストライプ、ドット、絵具と樹脂を混ぜ立体物を制作してキャンバスに貼り付け、穴の開いたボードに描いてみたり、風の強いタハア島では筆ではなくスクイーズボトルで描いている。一つ一つの作品に関してのコンセプトも、基本は「ユーモアを持つ事によってモノの見方が変わる」という拘りのもと生まれています...

トム・エバハート ボーリング・スノアリング「Boring Snoring」[PEANUTS/SNOOPY]

ディノス

572,400

トム・エバハート ボーリング・スノアリング「Boring Snoring」[PEANUTS/SNOOPY]

原作者から世界で唯一公認されたアーティスト"トム・エバハート"の直筆サイン入り限定リトグラフのご紹介2003年初来日展でメーン3作の一枚。コミックでも有名な一画面で自分一人では寝られないスヌーピーが主人公チャーリーブラウンのベッドであたかも自分が飼い主かのように寝ている様であり。そんな師弟関係も日常の生活では当たり前なんだよとあたかもご自身をポートレートしたかのような意味合いにも取れる。トム・エバハートは常に新しい「変化」表現方法を探究している。それはシュルツ氏からの教えでもあり、自分自身のアーティストとしての拘りでもある。新しいアートが誕生して27年間は様々なタッチの変化があった。たくさんの色をドリッピング、ストライプ、ドット、絵具と樹脂を混ぜ立体物を制作してキャンバスに貼り付け、穴の開いたボードに描いてみたり、風の強いタハア島では筆ではなくスクイーズボトルで描いている。一つ一つの作品に関してのコンセプトも、基本は「ユーモアを持つ事によってモノの見方が変わる」という拘りのもと生まれています。例えば政治指導者が国民の頭越しに発言していたり行動したり出来ていることで、国民はまるで眠りこけているようだから、ある時期「眠り」をテーマにした作品を制作しました。初期の作品は、頭が膨れ上がっていたり、叫んでいたり、滑稽なものがテーマでした。シュルツ氏の死後、世界は眠っていると考えてそれを笑い飛ばし始め、大勢の人もそう感じてくれるようにと。日々ベニスビーチのサイクリングロードに出かけているトム・エバハートは、大きく広がる空、何も無い大海原、そして何も無い砂浜を空っぽのキャンバスとして見ている先には新たな変化を見ていることでしょう。デザイナープロフィール原作者の公認のもと世界で唯一「ピーナッツ」に登場するキャラクターを自由に描けるアーティスト...

トム・エバハート オリジナルアート・プリント[PEANUTS/SNOOPY]

ディノス

45,360

トム・エバハート オリジナルアート・プリント[PEANUTS/SNOOPY]

スヌーピーが登場するコミック「ピーナッツ™」原作者チャールズ・M・シュルツ氏から世界で唯一公認されたアーティスト(ア)ドッグブレス・・・ベニスビーチでたまたま出会った飼い犬。なぜだかトムにとてもなつき、会うたびにトムに吠えて、飼い主のもとを離れてトムに寄って来そうになったことがきっかけで創作した作品。背景は南カリフォルニアの景色。(イ)レイジ・ローバー・・・今でもアメリカ車で主流になっているのがSUV。そんな大型の車でハイウェイをガンガン飛ばす光景をみて、そんな運転を世界一有名なビーグル犬が運転したらどれだけ楽しいかとふと思い創作した作品。2003年サンタローザにあるシュルツミュージアムのこけら落しに開催された個展で唯一、白黒の作品として飾られた代表作品。(ウ)ノー・ウェイ・アウト・・・2001年リトグラフ版画として世界で発表した代表作品。トム自身が思い入れがある地域を時間と共に作品に入れた代表作品。東京・ロサンゼルス・ボルチモア・ロンドンと目まぐるしく流れる日常を表現した作品。(エ)ラスト・サパー・・・尊敬していたアーティスト、ロイ・リキテンシュタインの死を悲しんで創作された。トムはスコーンが好きだったのだか、ロイの死をきっかけにスコーンを食べるのをやめた。死の悲しみをユーモアでかわそうとした代表作品。トム・エバハートは常に新しい「変化」表現方法を探究している。それはシュルツ氏からの教えでもあり、自分自身のアーティストとしての拘りでもある。新しいアートが誕生して27年間は様々なタッチの変化があった。たくさんの色をドリッピング、ストライプ、ドット、絵具と樹脂を混ぜ立体物を制作してキャンバスに貼り付け、穴の開いたボードに描いてみたり、風の強いタハア島では筆ではなくスクイーズボトルで描いている...

おもちゃ・ゲームのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク